訪問リハビリ鍼灸(往診)

訪問リハビリ鍼灸(往診)イラスト

  • 整骨院に通いたいけど通院がむずかしい
  • 足の筋力の低下により歩行困難
  • 体に麻痺がある(肢体不自由)
  • 車いすで生活をしている
  • 変形性膝関節症で歩くのがつらい

健康保険を使ってわずかな負担で治療が受けれます!

いつまでも、健康で長生きをしたい!という思いは皆さん共通だと思います。しかしながら、年齢を重ねるごとに筋力は低下し今まで何気なく行えていた動作ができにくくなり、関節も可動域が狭くなりちょっとした段差でけつまずいたり、転倒しやすくなります。また、変形性膝関節症や変形性脊椎症、頚椎症や腰椎症、脳梗塞、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などの病気も年を取るごとに発症される方が多くなっています。

守山整骨院(ウィル鍼灸整骨院)では、地域に根差した訪問医療に力を入れています。また、お医者さんやケアマネージャーさんたちと連携しチームになって一人の患者様がいつまでも自分でしたいことをやり続けられる体づくりのお手伝いを行っております

その方法の一つが当院で行っている訪問リハビリ鍼灸(往診)です。

訪問リハビリ鍼灸(往診)とは?

訪問リハビリ鍼灸(往診)の風景医療保険を使って治療院まで歩行・通院が困難な寝たきりの方や車いすの方、脳梗塞後遺症の方、慢性的な痛みや神経痛がある方に対して鍼灸(しんきゅう)師という国家資格を持った専門家が患者さんの自宅やケアハウス、高齢者専用住宅、老人ホームなどお住いのは所に出張させて頂き鍼灸治療を行うというものです。

単に通うのがめんどくさいから来てほしいなどの理由では訪問させていただくことはできません。あくまで通院が難しい方のためのサービスになります。

鍼灸って痛そう!

鍼灸多くの方が鍼(はり)に対して痛い・怖いというイメージを持たれていますが実際に受けてみるといつ鍼を刺したの?と言われるくらい軽微な刺激になります(もちろん刺激を強くする方法もありますが)少しチクっとする程度で心地よい刺激です。鍼の太さは髪の毛よりも細く蚊に刺されるよりは少し痛みがありますが注射や蜂に刺されるのと比べると全然痛くないですよ~と説明しています。また、それでもハリに抵抗があるという方には無理に鍼は刺しません。刺さない鍼治療があるのです。ローラー鍼と呼ばれるコロコロローラーを皮膚の表面に当てることでツボを刺激していく方法です。マッサージに近い感覚で受けて頂けます。ですので痛いのが苦手・鍼が怖いという方でも決して患者さんの同意を得ない無理な治療は行わないので安心ください!

誰でも受けられるの?

医者の同意書前に説明させて頂いたようにあくまで治療院に通えない・通院が困難な方のみになります。また、健康保険を適用するにはお医者さんに鍼灸治療を行いってよいという同意書を書いていただかないといけません。

  • 寝たきりの方
  • 杖をついて歩かれている方
  • 車イスや歩行器を使っている方
  • 自力での歩行が困難な方

訪問リハビリ鍼灸の料金

訪問距離や同意書の施術部位によって異なりますが健康保険の1割負担の方で1回あたり300円~500円程度のなります。週に1~2回を継続して施術を受けて頂くことで機能の改善、生活の質が向上していきます。

料金
1割負担 300円~500円程度(1回につき)

訪問リハビリ鍼灸(往診)を受けて頂くまでの流れ

1.無料体験の実施
まずは、お気軽にお電話で「リハビリ鍼灸マッサージの無料体験を受けたい」とお電話ください。実際にご訪問させていただき施術させて頂きます。 お体の状態の説明 実際に施術をさせて頂きお体の状態を国家資格を持っている専門家の私たちが患者様のお体の状態を説明させて頂き、その方にあった施術プランをご提案いたします。
2.お体の状態の説明
実際に施術をさせて頂きお体の状態を国家資格を持っている専門家の私たちが患者様のお体の状態を説明させて頂き、その方にあった施術プランをご提案いたします。
3.医療機関を受診
施術が気に入って頂き施術を受けたいなぁと思われましたら、かかりつけの医療機関を受診していただき医師に同意書を記入していただきます。(3ヶ月に1回同意が必要ですが2回目以降は当院で代行させていただきます。)
4.施術開始
訪問鍼灸マッサージの施術開始となります!